商標・意匠 


商標グループ 

HEAの商標グループは、大規模な商標ポートフォリオを有するフォーチュン500企業から、商標出願申請は全く初めてという技術系新興企業まで、様々なクライアントと密接な業務関係を構築しています。当グループは、企業内弁護士として培った長年の経験から、ブランドに係るのれんの価値を理解しています。商標は、適切に維持すれば時と共に価値が上がる貴重な事業資産であるばかりでなく、事業拡大に向けた資金調達の担保として購入、ライセンス、売却、使用が可能な実物資産に匹敵する財産です。

当グループは、米国、日本をはじめとする世界各国のクライアントと協働し、製品のライフサイクル期間にわたってクライアントの事業利益を保護するような、包括的な知的財産ポートフォリオを開発しています。これには、商標の選択、クリアランス、取得、保護、規制、許諾、実施を目的として行う業務も含まれます。

HEAは、米国と日本に十分機能する事務所を構える、世界でも数少ない知的財産事務所の一つです。当所は両国に事務所を置いていることから、適時に効果的な方法で、クライアントのニーズに常時対応可能です。
HEAの商標グループは、以下をはじめ、商標関連のあらゆるニーズに対応しています。

  • 商標の利用可能性に関する調査の実施
  • 米国特許商標庁(USPTO)への商標の申請、出願、維持
  • 範囲、潜在的な侵害の問題、ライセンスの問題、他者による誤用、品質管理の問題に関し、相違の有無を確認する商標ポートフォリオの監査
  • 有効性、侵害、使用権に関する意見書の作成
  • 戦略的価値の向上を目指した、特許ポートフォリオの開発、管理
  • USPTO及び地方裁判所での施行、訴訟全般の対応

HEAは、通信、自動車、医療機器、ゲーム、ソフトウェア等の業界と密接な業務関係を構築しています。
 


意匠特許グループ  

HEAの意匠特許グループは、釣り用ルアーから自動車に至るまで、数百件に上る意匠特許出願の準備、出願を手がけてきました。当グループはクライアントと密接な業務関係を構築し、第三者による模倣からクライアントの意匠を保護する戦略を開発、実施しています。
このような戦略には、戦術的な継続出願、図面公開の時期に影響を及ぼす適切な申請・出願戦略の決定、実用特許出願公開に基づく意匠特許出願の申請、知的財産ポートフォリオへの意匠特許の効果的な組み入れ方法の決定などがあります。
当グループは、意匠特許侵害訴訟を双方の立場で争ったことがあり、訴訟の精査に耐える、意義あるポートフォリオの開発には何が必要かを承知しています。
HEAの意匠特許グループは、以下のサービスを提供しています。

  • 特許調査の実施。調査の困難な日本の特許データベースを含む。
  • 意匠特許出願の準備、出願
  • 有効性、侵害、使用権に関する意見書の作成
  • 米国特許商標庁審判部(PTAB)への有効性に関する意見書の作成
  • 意匠特許に係る訴訟の地方裁判所及びアメリカ国際貿易委員会(ITC)への提起
  • 戦略的価値の向上を目指した、特許ポートフォリオの開発、管理

HEAの意匠特許グループは、自動車、医療機器、ゲーム業界と密接な業務関係を構築しています。