HEA外国法事務弁護士法人(前身は、ハブス、エナツキー、イノウエ外国法事務弁護士法人)は米国の知的財産に関する法律事務所です。そして、質の高いサービスの提供、適切なコスト、および、コミュニケーションの促進を3つの柱として、サービスの提供に努めています。


当外国法事務弁護士法人には、米国人および日本人の専門家(全員が米国弁護士あるいは米国弁理士資格を有しています)が勤務しており、それぞれ米国特許に関して長い経験を有しています。そして、米国への特許出願、オフィスアクションへの応答、および、米国特許に関する鑑定(例、侵害、特許の有効性等)を中心にサービスを提供しています。その中で、日本に事務所(本部:神戸)があることから、以下のようなことが可能です。


(1)日本から米国特許商標庁に直接出願することが可能です。また、この一環として、発明者と日本語でコミュニケーションをとって米国実務に沿った英文特許明細書を直接作成するサービスも提供しています。
(2)お客様と直接コンタクトして、明細書やオフィスアクションに対する応答を作成したり、また、鑑定を進めることが出来ます。更に、日米の専門家がいるため専門的な事項についても英語および日本語の両方で対応することが出来ます。


そして、当外国法事務弁護士法人は、米国の知的財産に関する法律事務所である HEA Law PLLC(本部:米国バージニア州)と緊密な連携をとって各種のサービスを提供しています。