HEAは、高品質で費用対効果の高いサービスを提供します 

Hubbs, Enatsky & Auito PLLC(HEA)は、知的財産法関係の法律事務所として、日本や米国を中心に世界各国のお客様に知的財産関係のサービスを提供しています。HEAは、①質の高いサービス、②費用対効果の高いサービス、および、③お客様とのコミュニケーションの促進を3つの柱として、サービスの提供に努めています。

当事務所は、日本と米国に事務所を有し、それぞれの事務所は単独で法律事務所としての機能を備えている、世界でも数少ない知的財産法関係の法律事務所です。そして、日米二ヶ所の事務所が協力することにより、“24時間営業”の形態で、お客様のニーズに迅速、的確、かつ、効率的に対応しています。当事務所の弁護士は、米国の大手法律事務所の弁護士、日本の特許事務所の弁理士、および、米国特許商標庁(USPTO)や日本国特許庁の特許審査官/審判官として、長年の経験を有しています。

お客様にとっては、これまで以上にコストと質の重要性が増してきていることと思います。このような観点から、当事務所は、質の高い法律サービスを妥当な費用で提供するという原則の下に設立されました。柔軟なサービスとお客様のニーズに沿ったサービスを提供することで、この原則を堅持しています。HEAの弁護士は多くの米国法律事務所勤務の経験があり、これらの経験を踏まえて、お客様にとって満足できるサービス料を設定しています。また、日本の出願人はHEAを通して直接米国特許商標庁との手続きが可能であり、コストの軽減に役立っています。更に、サービスの質の担保については、担当弁護士の仕事を別の弁護士がお客様の追加のチャージなしでレビューするシステムを導入しています。

これらに加え、お客様とのコミュニケーションにも努力を払っています。HEAの日本事務所(神戸)の弁護士、スタッフとも英語と日本語が堪能であり、日本のお客様とは日本語で、直接コミュニケーションをとることが出来ます。また、日本人弁理士の方々を始め知的財産関係者との緊密な連携や、アジア各国のお客様との密接な関係を図っています。HEAの米国事務所はバージニア州にあり、米国特許商標庁(USPTO)、アメリカ国際貿易委員会(ITC)、連邦巡回控訴裁判所(CAFC)から近い場所に位置しています。米国特許商標庁の審査官と対面式面接(a personal interview)を簡単に行うことが出来ます。この他、米国特許商標庁の審判部(PTAB)、ITC、CAFCでの訴訟弁護士業務にも利便性の良い立地です。